スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【公開相談】No.1
2008/03/14(Fri)
順番を入れ替え、優先させていただきました。<(_ _*)>ぺコリ


【Mさんより】 (抜粋)
先週、死産しました(ii)。

すみません。
キリ番はゲットできなかったのですが、話しだけでもきいていただけますでしょうか?
先週の木曜日(3/6)に私のおなかの中で、妊娠9ヶ月の赤ちゃんが死んでしまいました。
普段から胎動の強い元気な子でしたので、様子がおかしいことに案外早く気付く事ができ、結果として2日後の土曜日の夜に陣痛促進剤を途中まで使用して、自然分娩により体重1800g弱、身長45cmの男の子を出産しました。
死んでしまっているのが嘘のようなきれいなお顔と体で、いろんな意味でとても親孝行な子です。
原因は今の所、不明です。(母子共に明らかな異常が見つかっていません)
妊娠後期に子宮内胎児発達遅延が疑われNICUのある病院に転院しましたが、それほど深刻な症状ではなく、お医者さんももちろん私も出産前に死んでしまうとは思っていませんでした。
実際に出てみたら、それほどちびさんではありませんでしたしね。

それで、イオンさんにお聞きしたいのは、この子は亡くなる時に苦しんだのか?
そして親である私と主人になにか伝えたいことはあるか?ということです。
正直に言えば他にもいろいろお聞きしたいですが、親としてどうしても気になるのはこの2点です。
(あ、でも名前を○○○○とつけたのですが、これでいいのかは知りたいです(^^;)すみません)

どうかうちの子を見かけたら、聞いてみてくださいませんでしょうか?
まだまだ混乱していて、うまく今回のことをお伝えできていませんが、どうかよろしくお願いします。

*メインブログはどのくらい読まれましたか? (イオンの質問)

イオンさんのブログ自体は去年の夏頃?に偶然知ってから、ずーっと拝見させていただいてます(^^)。
イオンさんのお人柄とブログのメインの内容の興味深さとお子さん達のお話し等、全てが私を惹きつけたのです。
で、今回、公開相談が始まることを知り、不思議なのですが良くも悪くも予感があったのか、何かあった時はイオンさんに相談したーい!と3月初めから入院予定日(3/19頃)までの間にできれば全部読み直そうと遡ってメインブログを読んでいたところでした。
でも多分、だいたい読ませていただいてると思います。特に不思議関係とお子さんのお話しは。

*逆に、あなたから何をお伝えしたいですか?(イオンの質問)

そうですね。でも私達の思いは、なにもかも彼には筒抜けのような気もしますね(笑)。
ただやっぱりあなたのことを本当に待っていたし、死んでしまっていてもものすごくかわいかったし、障害のことを無駄に心配して悪かったよねとかいろいろ思いますが、結局は生きたまま産まれさせてあげられなくてこめんなさいって謝りたいですね。
産んだ直後に口からでたのは、それでしたしねー・・・。

私としては子供は娘一人で十分と思っていたのですが、去年の夏に思いもよらず妊娠。
それが今回の長男でした。
当然のことですが、できたからには大事にしましたし、去年の終わりに彼が男の子とわかったときには夫婦で大喜びしました。(どういう訳か夫婦揃って男の子が欲しかったのです)

(中略:ここで娘さんに関する悩みを打ち明けてくださいました。)

私は、結局彼に謝りたいのです。
ごめんなさい。
彼にそう伝えてください。

今日はおそらく彼が亡くなって7日目にあたります。
願わくは、彼が今度こそ彼の望んだご両親のもとで生きて生まれることが出来ますように。

―――ほとんど推敲できていませんが、イオンさんのお時間もないでしょうし、これくらいにしますね。
お忙しいのに私のために時間を割いてくださることに心から感謝いたします。



【イオンより】

このたびのこと、どれほど衝撃で、悲しく、お辛いことでしたでしょう・・・。
私も母親の端くれですから、読んでいるだけで胸が締め付けられる思いです。

息子さんは、まだ近くにいらっしゃいます。
あと一ヶ月くらいは時間がありますから、その間で出来るだけの心の整理をし、きちんとお別れができますように。

結論から言うと、息子さんは息子さんの“生”を全うしています。
当初は、こんなに長くおなかにいる予定ではなかったはずです。
発育不全となることも、産まれてくることができないことも、すべて承知の上で、ご主人とMさんを選んで着床しています。
「彼の望んだ両親」とは、まさにMさんとご主人ですよ。*^^*
メインブログを読み返していた「予感」は、実はおなかの息子さんから発せられていたメッセージを、無意識にMさんが受け取っていたからでしょう。

先にご質問にお答えすると、
赤ちゃんこの子は亡くなる時に苦しんだのか?
 ほとんど苦痛はなかったようです。
 死因は、私にも分かりません。
 眠っている間にいつの間にか鼓動が止まったんじゃないかな。
 それほどおだやかな印象です。

赤ちゃん私と主人になにか伝えたいことはあるか?
 これは簡単。
 「ありがとう」ですよ。*^^*

赤ちゃん名前を○○○○とつけたのですが
 これはねー。
 自分の名前はコレじゃない!って言ってます。^^;
 おなかに居るときは、こう呼んでなかったでしょ?
 その時に呼びかけられていた名前のほうが、きっと「幸せ」なイメージが強いのでしょう。
 どうもその「○○○○」の名前を聞くと、ご両親の「悲しみ」のイメージのほうが伝わってしまうみたい。^^;


おなかの中にいるときのつながりしかなくても、「愛情」はしっかり伝わっているんですよね。
複雑な思いもあったようですが、それは人間ですもの、当たり前の感情です。^^
完璧な人なんて、いませんから。

Mさんから息子さんへの“愛”は、ちゃんと伝わっています。
再度、メッセージを書いていただいたのは、息子さんからの頼みでもあったんですよ。
たくさん泣きながら書いてたんでしょ?
しかも泣いたのは、複雑な苦しみの部分ではなく、
「あなたを愛しいと思った」の部分だったでしょ。

彼はここでヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!してますよ。*^^*

あえて書きますねぇ。
「生きたまま産まれさせてあげられなくてこめんなさい」
「彼に謝りたいのです。ごめんなさい。」
の部分より、
「 あなたが愛しい」
の言葉に、彼の心が華やいでいるのです。

子供の心って、素直で純粋です。

だから───。
どうかどうか、「ありがとう」「大好きだよ」で送ってあげてください。
彼の一番嬉しい言葉で。


日々過ごしていると忘れがちですが、愛する人とはいつかは必ず『別れ』のときがきます。
早いか、遅いかの違いはあっても、出会った瞬間から別れることも確定しているのです。

私自身、自分が死に掛けたとき「これで子供たちとお別れか」と、一時は覚悟を決めました。
強い強いと思っていた絆が、こんなにもあっけなく途切れてしまうのか、と途方にくれました。
「子供たちを別々にしないでね」「しっかり育ててね」
私はよくは覚えていないけど、遺言めいた言葉もいくつか話していたらしいです。

今、こちらの世界に戻ってこれてみてつくづくと感じるのは・・・。
日々、何でもない毎日の中で、愛しい存在との絆を深めていく大事。
いつか見える形の絆が途切れたとしても、絶対に消えない“絆”は残っていくのだから。

彼のこの世での寿命は、確かに短いものであったかもしれません。
でも、残したものの大きさは、寿命の長短ではありません。
彼から受け取ったたくさんの「愛」「喜び」「人生の深い考察」等々、それらの宝物を活かして、どうか彼の分までたくさんの徳を積まれますように。

最後に・・・。
ご主人は、体が弱かったりするのでしょうか?
息子さん、「パパの分の病気も持っていく」と言ってるんですよね。^^;
多分、呼吸器系だと思うのですが。
今、症状が出ていなくても、もしかしたら予防的な意味なのかもしれません。
それはね、
「この子が産まれたら、こんなこともしてあげよう、あんなこともしてあげよう」
そうパパが思ってくれていたからなんですって。
すごく嬉しかったんですって。

一生分の「ありがとう」を精一杯、晴れやかに言っている彼に、今は「悲しみ」に覆われてしまうのも無理はないけれど・・・
どうかたくさんの「愛」で送ってあげてくださいね。*^^*


コメンテイターの皆さまにお願いです。
同じでなくても、似ているような経験を乗り越えた方がいらしたら、どうかお声をかけてくださると嬉しいです。
また、例え立場や境遇が違っても、Mさん一家へのメッセージがあれば、どうぞ鍵ではなく公開で書き込んでくださることを願います。


深い悲しみは、いつかきっと深い愛になって、届けたい存在の元へ。
そう信じて、これからもMさん一家を応援します。

長文、お付き合いありがとうございました。<(_ _*)>ぺコリ


 ← ありがとう。

                      メインブログ「イオンの不思議生活」



無料blog



この記事のURL | 公開相談について | CM(27) | TB(0) | ▲ top
<<【公開相談】No.1・・・御礼 | メイン | 投票結果&6万アクセスありが?>>
コメント
- Mさんへ -
なんと申し上げて言いかわかりませんが一言だけ

残念な形になってしまいましたが、それでも絆って謝罪による繋がりでなく、愛と感謝による繋がりが大事なんだってしみじみと思いました

息子さんのご冥福をお祈りするとともにMさんご夫婦の心身にたくさんの光が降り注がれますようお祈り申し上げます

2008/03/14 13:34  | URL | キュアX #-[ 編集]
-  -
私はまだ子供を持ったことがありません。

だから、本当の意味でMさんの悲しみや苦しみをわかってあげることはできていないかもしれません。

でも、女ですから・・・体に宿った命を亡くしてしまうという悲しみや辛さは想像をするだけで胸が苦しくなります。

私は何も感じることができない人間ですが、でも、記事を読んでいてMさんや旦那様ののあふれんばかりの愛情は絶対に息子ちゃんに伝わってるって思いました。

イオンさんも、そうおっしゃっていますしね*^^*

私もイオンさんと同じ考えで、息子ちゃんは「愛してるよ」って言ってもらえる言葉が一番嬉しいと思います。

私自身、そう信じているから(例としてあげるには不適切かもしれませんが「命」という観点から見て、という意味でとらえていただけたら幸いなのですが)ペットが死んでしまった時も必ず「私の子になってくれてありがとう。大好きだよ」って、空の上に送り出しています。

四十九日まではこちらの世界に魂は残っている・・・とよく聞きます。

どうかその日まで、いっぱいいっぱい話しかけてあげて、いっぱいいっぱい愛してあげて欲しいと思います。

長文失礼しました。
2008/03/14 13:42  | URL | とん。 #-[ 編集]
- Mさんへ -
イオンさん、こんにちは。
初めてコメントします。

今回の記事を読んで、目がウルウルしてしまいました。

私も14年程前に似た様な経験があります。
ウチの場合は、2~3ヶ月で切迫流産でした。
ようやく授かった命に、夫婦して涙しました。

その事から、10年程たってある霊感が強い方に、会って
いきなり、「水子がいるでしょ」と、言われビックリし
ました。
「その子は男の子で、お父さんお母さんに忘れられて
しまってるから悲しんでる。」
と、言われました。
その時からなくなった子供の事を想い、いまだに時折
思い出しては、家内と一緒に語りかけています。

私の場合は、Mさんの悲しみに比べる事ができませんが
イオンさんを通じて、お子さんと会話ができた事、本当
に良かったと思います。

イオンさん。
いつもブログ、楽しく拝見しています。
これからも、明るくドジなイオンさんを期待しています。v-218
2008/03/14 13:58  | URL | いしい #-[ 編集]
- ご冥福お祈り致します。 -
先ほど、妊娠9ヶ月の友人と会って来た所だったので、今回の公開相談のお話はなんだかずしっと来てしまいました・・・・・

私は既婚ですがまだ子供はいません。
私はまだ生んだ事はないけれど、9ヶ月もの間おなかの中で大事に育ててきた子が亡くなってしまった事、とてもとても辛い事だったと思います。
でもMさんは、気丈にイオンさんへメールを書いていらっしゃるような気がしました。
息子さんへ真っ直ぐに向き合っていらっしゃる、そんな気がしました。

息子さん、パパ想いのとっても優しい子ですね。
きっとパパの優しさが遺伝したんでしょうね(*´∇`*)
私はなにも見えませんが、息子さんがMさんの周りで、きゃっきゃ!!とはしゃいでるような気がします♪

Mさんご家族にたくさんの幸せが降り注ぎますように☆

(イオンさん、ありがとうございました。
相談しているご本人ではないのでそう思うのかもしれませんが、公開相談はいいものですね。とても勉強になります。ありがとうございます♪)
2008/03/14 14:12  | URL | まちこ #1oSgNdPM[ 編集]
- Mさんへ -
こんな言い方は失礼かも知れませんが・・・
私にはあなたの辛く悲しい「経験」でさえ、羨ましく思えます。
お子さんがお腹の中に居た9ヶ月・・・
どんなにか、幸せに満ちた期間だったのでしょね?
私はそんな経験さえ出来ませんでしたから・・・^^;

とっても親思いの良い息子さんですね♪
これもあなた達ご両親の「愛」をしっかり受け取ったからなのでしょうね^^

姿は見えなくなってしまっても、あなたとお子さんの
「絆」は切れることがないのでしょう?
その「絆」をこれからも大切になさって下さいね^^

今は、体力も落ちているときでしょう
お身体ご自愛ください。

2008/03/14 14:14  | URL | tam #-[ 編集]
- Mさんへ -
読んでいて涙が止まりませんでした。
Mさんとご主人の深い愛がこちらにも伝わりました。
それからお腹にいた赤ちゃんのみんなに対する深い愛も。

これを読んで、我が家はどうだろう?と考えさせられました。
子供がいるのが当たり前で、自分が健康なのが当たり前で、家族に対する感謝を忘れてしまっている・・・

Mさんに、母としての大事な部分を改めて気づき教えられた気がします。
Mさん、頑張って。
こんなことしか言えないけど心よりそう思います。
2008/03/14 14:17  | URL | はにーちょろ #-[ 編集]
- Mさんへ -
こんにちは、Mさん。
全部読見終える前に、涙でPCのモニターが歪んで見えなくなってしまいました。
私は、12年前に流産しています。
無事に生まれてくれていれば、来週、小学校を卒業するはずの子。
上の娘が三歳の冬、クリスマスツリーに向かって、
「神様、赤ちゃんを下さい。」
とお願いした後に宿った子でした。
性別も分からなかったし、きちんと名前も付けてあげられなかった。
本当に何ひとつしてあげられなかった。
一時期は、ちゃんと生んであげられなかった自分を責めたりもしました。

でも、姿形はないけれど、あの子は、ちゃんとうちの家族として出来ることを頑張ってくれている...今は、そう思える様になりました。

我が家では、生まれて来られなかった家族がいる事を、きちんと娘達に話して聞かせています。
「当たり前に生きていられる事が、どれだけ幸せな事なのか。」
あの子は、その短かった命をもって、自分の姉と妹に命の大切さや生きていられる事の幸せを教えてくれています。
それだけでも、あの子に感謝しなくてはいけないと思っています。

私のお腹を選んで宿ってくれたあの子がいたことを隠してしまっては、あの子の命の意味がなくなる様な気がして。
あの子が私のお腹にいたわずかな時間、どんなにちょっとの時間であっても、あの子にも私にも私の家族にも意味がある事だと思ったからです。

あの子は、下の娘の事を特に心配してくれているみたいです。
傘を持たずに出掛けた先で大雨が降った時、「真ん中の子ちゃん(性別も分からないし、名前を付けてやれなかったので、我が家ではこう読んでいます)、私に傘をさしてね。」と下の娘がお願いすると、何故か濡れずに帰って来れたりするのです。
我が家では、たまに、一人分多いおやつがテーブルの載っている事があるのですが、それは、娘達があの子とおやつを分け合いっこしたからなのです。
「姿形はないけれど、ちゃんといる。だから、おやつも分け合いっこしなきゃね。私達も食べたいんだから、真ん中の子ちゃんも食べたいよ、きっと。」

だらだら書いてしまってスミマセン。
これまた泣きながらなので、うまくまとめる事が出来ませんm(_ _)m
でも...。
Mさん、今は、悲しい気持ちでいっぱいで、お辛いかもしれませんが、時間が経って心が少し楽になったら、お嬢さんにきちんとお話ししてあげられる日が来る事を願っています。
2008/03/14 14:22  | URL | 満月 #7ikxHlB.[ 編集]
- Mさんへ -
Mさん

私にかけられる言葉があるか分からないのですが、Mさんご夫婦の力に少しでもなれたら、と思って・・・。

Mさんの心中、お察しします。
どれだけ苦しまれたかと思うと、私も胸が締め付けられます。
これほど苦しいことはないです。
私が泣いて誰が慰められるわけでもないのに、どうにも涙が止まりません。
だけど、息子さんはそれを承知でMさんのおなかに入ったのですね。
予定より長くたくさんMさんご夫婦の溢れる愛情を受け取ることが出来て、とても幸せなままあちらへ帰ることができたことがわかって、安心しました。
「あぁ、息子さん、嬉しかったんだね。よかったね。」と思えます。
記事を読みながら、「Mさんは何も悪くないよ!!謝らなくていいよ!!」という思いが溢れてきました。
息子さんも同じように思ったのでしょうか。

思い出すのも苦しいこの体験をシェアしてくださったおかげで、私は大切なものを見落としてたことを自覚しました。
いおんさんがいつもおっしゃっているとおり、必ずいつかは別れがくるんですよね。
つい忘れて、これが永遠に続くものと思ってしまう・・・。
ありがとうございました。
どうかどうか、Mさんご夫婦の苦しみが癒えますように。
私には何も出来ないけれど、心から、祈っています。
2008/03/14 14:25  | URL | riepon #-[ 編集]
-  -
Mさん、はじめまして。
私も2年近く前に3ヶ月で流産しました。
その時の悲しみは今も忘れられるものではありません。
だから9ヵ月という、もうすぐ会える喜びの中でのこの悲しみは、読んだだけで胸がつまります。
心からMさんご家族にお悔やみ申し上げます。
ご両親はもちろんのこと、娘さんもすごく楽しみにされていたと思います。どうか悲しみが癒されますように・・・v-22
イオンさんに息子さんが生を全うしたことを教えてもらえてよかったですね。
そういう生もあるのですね。私の子もそうだったのかなぁ・・・

2年経った今も忘れることはありませんし、ことあるごとに思い出し、話しかけてみたりしています。
息子とたまにその子のことを話したりもします。
徐々に涙も出なくなり、暖かい気持ちで思い出せるようになってきました。
時間とご家族の愛情いう薬でMさんの悲しみも癒えますようにv-238
イオンさん、公開相談できっと他にも癒される方がいらっしゃると思います。私も癒されました。
どうもありがとうございますv-238
2008/03/14 14:28  | URL | yummy #bKYe7CQo[ 編集]
- Mさんへ -
Mさんへ
私は独身ですが感じた事を書かせて下さい_(._.)_
Mさんの悲しみが伝わってきて胸が苦しくなってきます。どんなに辛かったでしょう。
息子さんは短い命だったかもしれませんが、お母さんのお腹の中で幸せだったのですね。
大好きな人が悲しいのは辛いです。そうですよね?今は悲しく辛いと思いますが息子さんはお母さんお父さんの笑顔が見たいはずです。娘さんも同じです。
イオンさんも書かれていますが【絆】は残ります。息子さんから貰った【宝物】は心の中にいつまでもあり続けます。
私には感じる力はありませんが【愛してくれてありがとう】と言う息子さんの気持ちが感じられました。
偉そうな事を言ってすみません。
息子さんの御冥福を心より御祈り申し上げます。
Mさん御家族に幸せが降り注ぎますように.・.・☆
2008/03/14 16:34  | URL | 桜色プリン #-[ 編集]
- Mさん一家へ -
心中御察しいたします…私は今生後6ヶ月の子がいるのですが、想像しますと、胸がぐっと苦しくなります。
人の寿命…私も最近イオンさんのブログに出会い、考えさせられた一人です。
別れをどう受け止めるか、私もその時になってみないとわからない怖さがありますし、そういう事があると理解するのも怖いのですが、人は産まれてくる前に人生を選んでくるって信じてみたいと思います。まっとうしたんだ…って。
今は悲しみやら途方にくれる事がおそってくるけども、きっと暖かくなれるo(^-^)o
私のおじいちゃんが亡くなった後、夢の中でひなたぼっこしてました。笑ってました。死って思うよりも身近な怖いものではないのかもしれないなと思わせる程でした。しかしながら、やはり生きてると離れてしまうのが怖いですけども…すいません、あんまりいい事言えなくて(T_T)
赤ちゃん、幸せだったって思います。
感情の嵐が早く去る事を祈りつつ…旦那様と娘さん、周りの方々と一緒に乗り越えていけますよう心からお祈りします。
2008/03/14 17:43  | URL | ビビリちゃん #-[ 編集]
- Mさんへ♪ -
こんにちはぁ^^Mさん♪
私も稽留流産をしてから、もうすぐ1年になります。。。
といっても、Mさんのように9ヶ月もお腹に入れていたわけではありませんが、5年(当時息子が4歳でした)ぶりの妊娠に、やーっと二人目を妊娠した喜びで、本当に嬉しかったですよ^^
それが稽留流産だと分かって、とても悲しかったけれど、ママが泣いたら、赤ちゃんは自分を責めて悲しむといけないxxx来てくれたコトに感謝しないと・・・
なんて、思い、手術に向かいました。。。
術中は覚えていませんが、術後、麻酔から覚めかけるほんの一瞬、たくさんの人に代わる代わる抱かれる赤ちゃんを見ました。。。
幻覚かもしれないし、願望かもしれない、夢かもしれないし、本当かもしれない。。。
でも、私は、ただただ、ありがとうありがとう♪良かったね良かったね♪可愛がってもらうんだよ♪ありがとうございます♪よろしくお願いします♪って、ひきりなしにストレッチャーで運ばれながら(寝言?)言い続けました。。。
落ち着いてから、思ったのが、赤ちゃんの魂は、限られた時間を使って、うちの身内になりたくて宿ったんだな。。。(私の体を通して親戚になった)
私達の親戚として来たかったんだな。。。
生きてる私達は、生まれない魂を行きたいところに行かせてあげる通り道の役割もするのかもしれないな。。。
私は生きてる人間としての役割を果たしたんだな。。。だから悲しむことはないし、自分を責めることもないんだな。。。
今は、生きてる息子を十分に愛して、私が死んであちらに行ったとき、その時から、この子を十分愛してあげれば良いんだな。。。
それまでは、年寄りばかりのご先祖様たちの中、ちっちゃいの(赤ちゃん)が来た事で、めいっぱい可愛がってもらえるに違いない。。。
だから、私は、安心して良いんだ。。。
いつも思い出すことはないんだな、この子はご先祖様に任せておいたら良いんだな。。。
自分の生を全うすることが一番だな。。。
そんなようなコトでした。。。(うまく伝えきれないかもですが。。。)

これは私にとっての、ただの個人的な受け止め方なので、皆、答えが違うし、当然、一人一人違うかもしれません。。。
でも、私はおかげさまで、そういう姿を見せていただき、そう自分が受け止めたことで、すっかり気持ちが元気になり、時々、その子を思い出しても、ご先祖さんに可愛がってもらってるかな?とか、生まれてたらコノくらいの成長だったんだな^^(よその赤ちゃんを見て)くらいです^^
うちは主人が信心深い人ではないので、供養もお墓も位牌もなにもしていません^^
でも、今の家族を大切にしてくれていて、また新しい命が欲しいとは思っているようなので、引きずらない、それもまた供養かな?って思います^^

ハッキリ言って、誰にも生まれてくる理由も生まれなかった理由も、死ぬ理由も死んでからのコトも分かりません。。。
何が本当で何がうそでも、すべて自分次第だと思います。。。
今はまだ落ち着かれないでしょうが、自分の中での終着点が早く見つかりますように。。。

イオンさんにみていただいて良かったですね^^
2008/03/14 18:23  | URL | ママ #-[ 編集]
- Mさんへ -
Mさんへ。はじめまして、くまこと申します。
私は独身ですが、感じたことを少しお話させてください。
ほんの少しだけ。

>あえて書きますねぇ。
>「生きたまま産まれさせてあげられなくてこめんなさい」
>「彼に謝りたいのです。ごめんなさい。」
>の部分より、
>「 あなたが愛しい」
>の言葉に、彼の心が華やいでいるのです。

私はイオンさんのように、そういう能力を授かっているわけではありませんが、
Mさんの文章を拝見していると、
明らかに「愛しい」という部分が、美しい輝きを放っているのを感じます。
お腹のお子さんを、大切に愛情を込めてご家族で守ってきたのかが、文章から溢れ出てくるのです。

そして同時に、「私が生まれた時も、お母さんはそう思ってくれていたんだろうな。」って、
私までもが、嬉しい気持ちで一杯になりました。
きっと人間は、長い長い時間を、そうやって「愛しく思う心」で大切に命を繋いできたのでしょう。

皆様の辛い体験談を拝見させていただくと、私のような者がにはなんて言ったらいいのか言葉がみつかりません。
でも、
ありがとうございます。Mさん。
そういう気持ちを、教えてくださって。
私もいつか母になる時、そう心から思えるようになれるのでしょうね。

今日も冷たい雨が降っております、どうかお体ご自愛くださいますように。
2008/03/14 20:58  | URL | くまこ #-[ 編集]
- Mさんへ -
おとうさん、おかあさん、
ぼくを授かってくれてありがとう。
ぼくがいま、どんなにうれしい気持ちでいっぱいかわかりますか?
うれしくて、うれしくて長居をしてしまったことで
おとうさん・おかあさんの悲しみを大きくしてしまったならごめんなさい。
ひとに”望まれる”という喜びがどれだけの幸せかわかりますか?
ぼくはこの望まれた記憶を魂に刻み付けて還ります。
早くに還ってしまうけど、またご縁があった時は宜しくお願い致します。
また、次の転生で関わり合う人達に、おとうさん、おかあさんがぼくにしてくださったように愛情を掛けることを約束します。

息子さんはそんな風に思っているのではないかしら。
2008/03/14 21:27  | URL | ふぅ #-[ 編集]
- Mさんへ -
心中お察しいたします。
悲しみがいかばかりか・・・・

私も昨年の大晦日に妊娠5ヶ月だった娘を死産しました。
まだ3ヶ月経っていないんだなぁ・・・・

看護師さんからお棺に入れてあげたいものがあったら用意してあげてといわれましたが、
まだ5ヶ月でなにも用意してあげていなかったし、思いつくものもなかったので、
いつか会える日に恥ずかしくない母親でいられるように精いっぱい生きると約束した手紙を入れました。
感謝の言葉と、名前を一緒に記して・・・・・
入院中にもいっぱい泣いて、退院してからもいっぱい泣いて、
気持ちは大分落ち着いてきたように思います。
短い間だったけど幸せだったと思っています。

最近の私たち家族は、無くなった娘たち(実は上記の子一人ではないんです^^;)のために墓所を手に入れました。
墓石に施す彫刻のことなど、どんなのが喜ぶか思いめぐらせて、
半ば楽しんでいるような状態です^^

Mさんも今はいっぱい泣いて、悲しい気持ちを涙に乗せて流してしまいましょう。
思い出が息子さんがお腹にいたときの幸せだけになるまで泣いちゃいましょう^^
ここに集う皆さんも応援してくれてます。
一緒に元気になりましょうね(o゚ω゚)ノ
2008/03/14 22:43  | URL | 優花 #-[ 編集]
-  -
いつかくると分かっていても、愛する人との別れは辛いですよね…。




絆って、不思議ですね(*∩∩*)

私も、弟が生まれてすぐにお星さまになりました。

私も当時はまだ幼く、あまり記憶はありませんが…

お葬式で、母が号泣していたのを覚えています。


あと…
一番印象深く残っているのが、祖母が言っていた言葉です。


「一緒に暮らしていなくても、心の中にいる」

と言っていました。



弟は何故か成長した姿で、ごくたまに夢に出てきてくれます(*∩∩*)

2008/03/14 22:52  | URL | ゆか #-[ 編集]
- Mさん -
今回のこと、私にはまだ気持ちを想像できる立場ではないかもしれませんが、お察し申し上げます。
そして、コメントをされていらっしゃる方々、コメントはされていないけれど、同じような事を経験されているかたがたくさんいらっしゃるということにも少なからず衝撃を受けています。
私は今、妊娠を願っていて、なかなか授からないため
「今は自分に受け入れる準備がないからなのかな」と
思っていました。
きっと息子さんもご縁あって、Mさんのもとにいらっしゃって、お腹の中でステキな時間をすごされたんだと思いますし、Mさんも同じ気持ちを過ごされたことと思います。
私は今回の相談を読ませていただいて、とてもお辛いお話だと思うのけれど、息子さんの暖かい気持ちを感じます。こうやってMさんご一家、イオンさんを通して私にそのようなお気持ちを下さった息子さんに私からも
ありがとう!です♪

どうぞ、お体ご自愛ください。
イオンさんもどうもありがとうございました。
2008/03/14 22:55  | URL | ドンクン #mQop/nM.[ 編集]
- Mさんへ -
 私も15年前に同じ経験をしました。初めての子供で、妊娠9ヶ月の男の子。早期胎盤剥離でした。

 その日は午前中から生理痛のような痛みがあったのですが、病院がお休みだったので明日一番で見ていただくつもりでした。けれど夜になって痛みが気になりだしたので救急病院に行った所、既に子供の心音はなく、このままでは母体も危ないと言うことで緊急手術をしました。 
 初めての妊娠だったのでよくわからなかったのですが、後から考えると胎動もほとんどなく、妊娠中期に出血するなど最初から順調ではなかったのかも知れません。でも、自分自身の妊娠中の生活を責め、病院に早く行かなかったことを責めました。
 意外なことに母親の自覚がほとんどないままの妊婦生活でしたが、いざ亡くしてみると、他の妊婦さんがうらやましくて、恨めしくて、どうして私だけ…と涙がとまりませんでした。同じ時期に無事に出産した友達が恨めしくて恨めしくて、『ごめんなさい神様、二度と言いませんから一度だけ言わせてください』と、決して思ってはいけないことを思ったりもしました。これがきっかけで二度と子供が授からなかったらどうしようと不安にもなりました。
 幸いなことに、一年後、私は女の子を授かり、今はその子を守ることが私の人生だと思う日々を送っています。(実はそのさらに2年後、早期流産も経験しましたので、子供はその女の子一人だけです)

 Mさんは本当に優しく素晴らしいお母さんですね。私は子供が亡くなったとき、自分の不幸ばかりを嘆いていました。だから、産んであげられなかった子供のことまでは考えられなかった。イオンさんがお話しされた一ヶ月の間、きっと自分だけ見つめて泣いてばかりいたと思います。あの子はきっと情けない思いをしたまま逝ってしまったのでしょうね。
 それに比べてMさんは、ちゃんと子供の事を心配して子供を愛おしんでいる。本当に素晴らしいと思います。きっと気持ちは伝わっているのだと思いますよ。

 けれど、こんな私でも、今、手元にいる子が産まれたときに初めて命のかけがえのなさ、時代を越えていく絆、そういった物を感じることが出来ました。この子は生きるチャンスを貰えたんだ。生きて、笑ったり、悲しんだり、悩んだり、頑張ったりするチャンスが与えられたんだと思いました。そしてその時初めて、亡くなった子にはそんなチャンスさえ貰えなかったんだなと可哀想に思ったのです。
 失った命があるからこそ、手元に残った命をいとおしく思えた。たぶん先の子が無事に産まれいてたら、母親としての自覚も、命の大切さも知らないままだったと思うと、あの子は私に人間として一番大切な事を、身をもって教えてくれたのではないかと思います。
 私には不思議な能力はありませんが、全ての出来事は意味のあることだと思っています。また意味のあることにしなければいけないとも思います。そうでなければ、何のためにあの子は私のお腹の中にいて、何のために生を受けずにまた行ってしまったのでしょうか。何か一つでも、あのことで私が悟ったり理解できたりしたことがあるなら、それはあの子のお陰なのだと思っています。

 この話を思い出すと今でも身体が震えます。Mさんも、今は奈落の底にいるように心の全てが真っ暗闇の中にあると思います。この辛さは決して「なかったこと」にはなりませんが、時間が経てば、やがて、重いけれど小さな黒い固まりに変わります。その固まりを心の片隅においておけるようになるでしょう。そしていつか、心からまた笑える日が必ず来ます。だから、今いらっしゃるご家族を大事になさってくださいね。

 えらそうなことを長々と書いてしまいましたが、日々の生活に紛れて、私はその子の事は忘れがちです。いけませんね。今回Mさんの記事に触れたということは、あの子が「たまには思い出してよ」と怒っているのかも知れません。もうすぐお彼岸です。お墓参りは、ゆっくり行ってこようと思います。
 Mさん、思い出させてくれてありがとうございました。
2008/03/14 23:04  | URL | 人魚姫ぴぴ #-[ 編集]
-  -
Mさんへ
お悔やみ申し上げます。

わたしは生後5ヶ月の女の子を 手術の甲斐もなく心臓病で亡くしました。
長い間 泣いてばかりいましたが、10年以上たって思うのは、あの子が私の子供として生まれてきてくれたから、死について・宗教について・家族について・病気について・見えない世界について・人の縁について…
様々なことを考えるきっかけになりましたし、私の性格や思考を広げるものでした。夫婦の絆もふかまりました。
Mさん 今はつらくて涙がとまらないでしょう。でも、このイオンさんのブログにすでにたどり着いているのですから、悲しむばかりでなく今回のことからいろいろと学ぶことができるのです。
愛と感謝で送られてください。
つたない文章で 気に障るかもしれませんが、亡くなったお子さんは やはりMさんを選んでやってきてくれたんだと思いますよ。

2008/03/15 00:47  | URL | えりえり #-[ 編集]
- 勉強になります -
まだ妊娠の経験が無いのですが、もしかしたら私もそういうシーンに対面するかもしれません。
心構えでは無いですけど、「ありがとう」と思ってもらえる様な母親になりたいです。
2008/03/15 03:04  | URL | ぁ~た~ #tJ8bLkYs[ 編集]
- M子です。お礼が遅くなりましたm(_ _)m。 -
イオンさん、こんにちは。
まず最初に、公開相談での心に染み渡る返信をありがとうございます。
そしてたくさんの方から私を励ます暖かいコメントをいただきまして、本当に嬉しく思っています。

まだまだ身辺は落ち着きませんが、今回のことをイオンさんに相談したお陰で心の整理は徐々に付きつつあります。
何よりも、息子の最後が苦しいものでなかったことに心底安心しました。
思い返すと確かに息子は、妊娠初期に流産しかけたことがありますし、その後は私の持病の喘息のためにごく少量ではありますが薬を使わざるを得なかった等、生命力に欠ける子供であったのかもしれません。
でも妊娠初期の超音波検査の最中にまだ狭い子宮の中でどういうわけか踊りまくっていたり、中期の頃にお医者さんがやはりエコーで顔を覗き込むと、にこーっと笑ってみたりと、なんだかとっても愛嬌のある子でした(^^)。
あ、イオンさんにお聞きした名前の件ですが、もしかして彼は"○○とも"ではなく"○○みち"の方がよかったのでしょうか??
いえ、初めは"○○みち"だったのですが最後になって"○○とも"に替えたので・・・。"○○き"という候補もあったな。・・・っていうか初期から中期まではベビ山さんだったんだけど・・・。
どれがお気に召してたのでしょうか(^^;)?


――・・・今、こうして彼のことを思い出していても心が温かくなるばかりなのは、やはりイオンさんからいただいた彼からの言葉に、私が自分で思う以上に癒されているからだと思います。
今後はイオンさんがおっしゃるように、一ヶ月の間は彼と一緒だと確信しつつ、家族4人でいろいろなことを楽しみたいです。
それで彼を喜ばせるにはまずパパの希望が第一なのかしら(笑)? 

最後になりますが、イオンさんがご指摘してくれた主人の体についてですが、体が弱いというほどではありませんがかなり強烈な頭痛持ちでちょっと無理をするとすぐに頭が痛くなって寝込んでしまいます。
で、時々頭の中の血管が切れる音がするとか結構コワイことを言ったりもするので、息子が持って行ってくれるという病気がそっち系のものだとありがたいです。
ちなみに私は上でも書きましたが喘息持ちで、でも妊娠中でなければめったに薬を使わない程度でありますので、やはり主人優先でお願いしたいですね。
それにしても病気を持って行くだなんて、大変じゃないんでしょうか?
なんだか心配ですねー。無理はしないでもらいたいです。
パパや私と違ってやせっぽちの子だったので(苦笑)。

それでは、今日はこのへんで。
イオンさんとコメントをくださった皆様のご多幸をお祈りいたします。
あ、○○くんもね! パパもママもお姉ちゃんも君のこと大好きだよ。


P.S.最後の最後に息子へのメッセージを書かせていただきますね。
   少し長くなってしまいましたが、どうかお許しください。

○○くん、ママは昨日、お姉ちゃんの幼稚園に久しぶりに行ったよ。
まだ少し早いかな。子供や赤ちゃんがいっぱいで辛いかなってちょっと心配だったんだけどね。
でも行ってみたらちっとも辛くなかった。
子供や赤ちゃんを見てても悲しくなったりしなかった。
だってどの子もとってもかわいいけれど、○○くんじゃあないんだもの。
ママが抱っこしておっぱいをあげてたくさんたくさんキスをしたいのは、○○くんだけなんだって、その時はっきりわかりました。
(お姉ちゃんもだけどね。あ!もう一人流産した子もいた!もちろんその子も。)
○○くんがどれだけママにとって特別だったか、どんなに○○くんを愛しいと思ったか、その気持ちの曇りのなさにママは我ながら胸を張りました。

何度でも言うよ。○○くん。愛しているよ。生きていても。そうでなくても。
あなたの生と死には、幸や不幸を超えた意味が確かにありました。

生まれてきてくれてありがとう。
ママのおなかに来てくれてありがとう。
○○くんに逢えて、本当によかった。
いつかまたどこかで。

2008/03/15 06:05  | URL | M子 #-[ 編集]
- 出遅れました(汗) -
M子さんへ。
息子さんがM子さんご夫婦を選んでくれて幸せですね。
イオンさんがまだ息子さんが近くにいるのを見かけてくださってよかったです。愛情を思う存分そそいであげてくださいね。

イオンさんへ。
【公開相談】でまた一つ学ぶことが出来ました。ありがとうございます。
2008/03/15 22:22  | URL | クララ #3NWDjgj2[ 編集]
- Mさん、イオンさん -
Mさん、ご自分のお悩みを公開相談される事で、考える機会を与えて下さりありがとうございます。早く、Mさんや周りの皆様の心が痛みから解放されますように・・・。長男さんもきっとそう願ってくれてますよね!

イオンさん、やっぱりこれでこそイオンさんだ!と思う、素敵な回答でした。
これからも、沢山の人に勇気を与えていって下さいね。
2008/03/16 15:03  | URL | ぺぺ #-[ 編集]
- Mさんへ -
本当に辛い経験をされたのですね・・・。
私からもお悔やみ申し上げます。

まだ結婚すらしていない私ですが、Mさんのお気持ちを想像するだけで
同じ女として涙が止まりません。
でもこのご相談を読ませて頂き、更に皆さんのお話を聞かせて頂いたお陰で
私達が今こうしてこの世に生きている事がどれほど奇跡的で素晴らしい事か、
改めて考える事が出来ました。
Mさん、イオンさん、本当にありがとうございました。


Mさん、どうかご無理なさらないようお体ご自愛下さいね。
2008/03/16 21:53  | URL | さやの助 #-[ 編集]
-  -
M子さん 何と言っていいか分かりませんが 言葉にはできないほどのつらいことでしたね…。私も小さな子がいるので想像するだけで涙が止まりません。
M子さん そのつらい事をシェアしてくださりありがとうございました。命や生きる事 愛する事など考える機会を与えていただき感謝しています。そして、愛情深いM子さんの言葉に感動しました。また、コメンテーターの皆さんの意見もとても感慨深いものでした。
でもM子さん、あなたには優しい旦那様も娘さんもいる。姿は見えずともM子さんを愛する息子さんもいる。悲しみの中でも愛に満ちているように感じました。私は主人に裏切られましたから…(^-^;
生きているとそれが当たり前になってしまい 我が儘や欲がでてきてしまう。私や私の子、両親など大切な人が生きているのは当たり前じゃないんですよね。
色々感じ、考える機会を下さりイオンさんにも感謝しています。
M子さん お体大切になさってくださいね。無理は体にさわりますから…。
2008/03/16 22:49  | URL | かぶ #-[ 編集]
- M子さんへ -
私もお腹の赤ちゃんとお別れしました。生まれていたらこの春はピカピカの一年生です。
生きている子の様に姿は見えませんし、触れることも叶いませんが、我が家の赤ちゃんは亡くなった父と一緒によく遊びに来てくれます。何かある時は小さい身で懸命に私達家族を助けてくれます。何かのサインをさりげなく残してくれる時もあります。心優しいいい子です。
こんな風に感じるようになったのは悲しみが癒えた後で、赤ちゃんの洋服を子ども部屋に飾るようになった頃からだと思います。
思いは必ず通じるようです。沢山、沢山お子さんのことを思ってあげて下さい。そうするときっとM子さんの所に赤ちゃんはピュ-ッと飛んで来てM子さんの胸の辺りでニコニコニコニコ笑っていると思います。
赤ちゃんの為にもお体大切になさって下さいね。
2008/03/16 23:36  | URL | 不思議な なな #-[ 編集]
- こんばんは -
M子さんこんばんは、私は最初の子を6週目で流産しました。当時まだよくわからなくて親になる自覚どころか妊娠したかな?と思ってからすぐに流産だったので、深く考えるとか悲しむとかピンとこない私でした。でもその後の子育てで親の自覚もできた頃から、何度も不思議な事がありました。

不思議な ななさんも書かれていらっしゃいますが、亡くなった赤ちゃんはいつも家族を見ていてくれ、助けてくれているようです。また、あの世でご先祖様達にとっても可愛がられながら成長している様子でした。私はそれを見たらすごくうれしかったです、きっと今は夫の父上が専属子守り役として張り切ってくれていると思っています。

M子さん、つらい体験やそれに負けない強く暖かい気持ちをここで話してくださりありがとうございました。きっと赤ちゃんはあの世でたくさん可愛がられて育ちますから、どうぞ気持ちを軽く…まだ涙はいっぱいかと思いますが、赤ちゃんは愛する家族をいつも見ていてくれますから…(*^_^*)
2008/03/17 02:14  | URL | ちょこ #h97C03Zw[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mainasuionx.blog120.fc2.com/tb.php/79-b19d1587

| メイン |
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。