スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
何ができるだろう・・・2
2008/05/29(Thu)
どのくらい続くか分からない連載ですが、最初にお断りしたいのが
色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ6s-PeachPink(白-薄い背景用)あくまで私なりの考え
であって、「これが絶対に正しい!」と押し付けるものではありません。
むしろ色々なご意見を教えていただきたいくらいです。
願っているのは、
色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sReg-AvocadoGreen(白-薄い背景用)一緒に考えて
いただけることだけ。それだけです。<(_ _*)>ぺコリ

個人の日記として、慎重に言葉は選びつつも、思うがままに書いていきたいと思っています。(。・_・。)ノ

さて、災害援助となると「出来ること」としてまず最初に挙げられるのが、
色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PaleLila(白-薄い背景用)義援金やボランティア
などの、「直接的な援助」ですよね。

しないよりはしたほうが良いに決まってる。
出来る環境にあるなら、私も進んでしたいと思う。

でも・・・。
かの国の特殊な事情で、各国からの援助物資などが、必ずしも被災者に届いていない実態に、ショックを受けた人も多いことでしょう。
軍の横流しなど、およそ「人としてしてはならぬこと」を、堂々と役人がしてる国・・・

まぁ、この辺のことはニュース等でも騒がれていますから、このくらいにしておきましょう。

私が感じるのは、義援金等の抱える「矛盾」なのです。
「困った人を助けたい」はずの義援金。
本当は困っている人は、身近にもたくさんいるのに。

メインブログを読破されている方なら、私が過去に浄化してきた数々のあちらの方を覚えているかもしれませんね。

虐待された挙句、自分の意思とは無関係に心中に巻き込まれた子供。
ひき逃げされ、一瞬のうちに未来を奪われた若い女の子。

ブログに書いていない人たちも、本当はたくさんいます。
精神障害を持つ家族を抱え、いつどこで事件を起こしかねない恐怖に怯えながら、どこも入院を受け入れてくれずに・・・。
義父から性的虐待を受けていた中学生・・・。
障害児を抱える母子家庭ながら、制度の不備から働くこともできずに・・・。
どれも自ら命を絶ってしまった人たちです。

これらの人は、どこにも、誰にも訴えることができないから、この世にとどまってさまようことしか出来ずにいたのです。
それでも亡くなった方は、ごく一部だと思われます。
今生きている人の中にも、苦しんでいる人は多くいるのではないでしょうか。

「助けてくれ」の声が出せない人ほど、深刻のように思います。
どれも一刻の猶予もないはずなのに。

大きな災害になると、各国からマスコミも集まり、報道が奇しくも宣伝にもなって多くのお金や人が集まります。
もちろん、大きな災害ほど人もお金もたくさん必要なことはわかっているのですが・・・。


何だかね、援助するほうも受け取るほう(軍とか、ね)も、大切な「心」がすっぽり抜け落ちているような気がしてならないのです。

ならば私に、何ができるだろう。

あらら、ひどく中途半端ですが、時間です。(泣)
まだ書きたいことの、入口です。

 ← 本日の出口です

                      メインブログ「イオンの不思議生活」


無料blog




この記事のURL | 内緒話 | CM(32) | TB(0) | ▲ top
<<熟慮中 | メイン | 地震体感の「胎動」について>>
コメント
- 義援金やボランティア -
私も義援金やボランティアに対する政府や国の対応に疑問を持っていました。
募金する人やボランティア活動をされてる人達は一生懸命なのに、それを受け取る側や送る側の政府や国は何だか「お返し」を気にしてたり「見返り」を期待してるように思えるのです;
助け助けられはいいことだけど…何だか血がかよってないというか、形式でOKみたいな部分を感じます。
イオンさんがあげた苦しんでいる方々も、もっと少しでも手を差し延べる方法はたくさんあると思います。しかし、考えられないというか、苦しい人も助けたい人も良くなる方法の選択肢が非常に少ないように感じます。
今の世の中の考え方的にあまり考えれない状況に追い込まれやすいのでは?と感じる今日この頃です;
まだまだたくさん選択肢があるはずだから、皆で気がついて力を合わせれば、きっと苦しんでいる人を本当に助けることが出来るのではないかと。
私も選択肢の少ない人間なんで、新しい選択肢を発見した時は目から鱗以上の嬉しさと楽しさと興奮でした(笑)
もっと皆が心を自由に生きれる日がくるといいなと思ってます。
2008/05/29 13:30  | URL | クローバー #-[ 編集]
- ココロを豊かに -
義援金とかの話とは全く関係ないんですけど、
人間の持っている豊かな心を取り戻したいな~なんて
思ってます。

それで何ができるかって、今は自分なりの文章を書く
ことぐらいしかできないんですけどもね。

一番問題なのは、なんで自分がそう思って、なんで
そういう方向に動いているんだろう?ということ。
そこの答えは出ない。
「わかんねぇ;;」としかいいようがなくて。

なんか大げさに書いてしまいましたが、
豊かな心を取り戻したいのはマジな話で。
2008/05/29 13:50  | URL | さーさんちのみぃ #-[ 編集]
- そうだよねーーー -
うんうん、ってうなずきながら読んじゃいました。
イオンさんは本当に苦しんでギブアップまでして
しまった人たちを直接見ているから、私たちよりも
想うことが多いでしょうね・・・。
なかなか思い通りには解決しない、問題の難しさ、重さを感じます。
2008/05/29 15:08  | URL | はな #-[ 編集]
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/05/29 15:10  | | #[ 編集]
- わたしも -
私も、何ができるか、について一緒に考えたい。
生きてる人で苦しんでいる人たくさんいると思う。
目の前にある事を、見守るだけでなく、こちらからアプローチが必要な時もあるかもしれない。
虐待されてる被害者の保護と教育すると同時に、加害者を助けたり教育することが大切だから。
そして今、助けが必要そうな子供が近所にいます。
目の前に落ちてるゴミを拾ったり(いつもじゃないけど)、近所の子供を見守ったり、他の人が余りしたがらない仕事をしたり、私の目の前には幾らでも今できることが転がってます。
第三国で発展途上国の人を救いたいから、いつか行くんだと思ってました。でも、今目の前でおきてる国内で助けが必要な問題は腐るほどあるから、まずは目の前の事をしようってなっちゃいました。
2008/05/29 16:15  | URL | お茶犬 #-[ 編集]
- おぉっ!!! -
はなさんの意見に激しく同意です。v-222
2008/05/29 16:20  | URL | もも #LWshcgts[ 編集]
- 嬉しい -
初めてコメントさせて貰います。いつも素敵な記事をありがとうございます。メインもサブも毎日拝見しておりました。

私も全く同じ気持ちです。

日本は豊かだけど、だけど沢山の子供達が愛情を求めていると思います。愛情イコールお金では無いけれど、私達の大事な国にも誰かの手を待っている人達がどれだけ居る事か。私達が助け合わなければ、余所の国も助けられないと思います。

灯台もとくらし、ではいけないと思います。
2008/05/29 18:52  | URL | める #-[ 編集]
- 苦しんでいる人の役に -
ちょっとした親切や手助けは、心がけで、できるかもしれませんね!ちょっとした親切に感動したり、助けられる事もありますし。
とても苦しんでいる方の役に立ちたいという気持もありますが、実際に直面すると、それは単純な事ではなく、技術や細心の注意や忍耐が必要で、強い決意で臨まないと自分の体調を崩したり、かえってまた苦しめたり、まったく役にたてなかったり…。もしかしたら、そこに自己満足の気持があるのかもしれません。
イオンさんが深い苦しみを持つ方を救う事ができるは、私には持てない深い愛をもってらっしゃるからでしょか?
2008/05/29 22:07  | URL | てん #-[ 編集]
- どうする自分! -
メインのブログファンからもう年単位での読者です。

今回の記事、私も考えてみます。SOSを出せない人に気づいてあげる事ができる自分でいたい。あっ、先ずは我が子だなぁ~言葉に出来ない叫び本当は私もいっぱいいっぱいデスが、皆もそうだろうし、相手と自分ってクッキリ分けて考えるのはもうソロソロ終わりの時代なのかな??と感じます。最後に、イオンさん大好き~
2008/05/29 22:26  | URL | みゆき #-[ 編集]
-  -
最近 知人から義捐金ではないのだけど寄付を頼まれて自分なりにものすごく考えて 断ってしまいました。
私には関係がないと思ったからではなく、そうすることによってある種の不平等が生まれてしまうくらいならいっそきっぱり手を出さず ささやかだけど心をこめてその人が良い方向にいくように祈ることにしました。(祈るといっても私は無宗教ですが・・・気持ち的に。)
私のしたことは多分正しくも間違ってもいない、ような気がしています。ただ、みんなどっかでつながってて、
心では応援してるんだってことを自分自身の中でだけど深く感じたことでした。多分私がつらいときも誰か応援してくれてるんだろうな。見えないけど。

サイクロンも地震も 被害者の方々の立場の弱さが悲しくて 私にできるのが小さく祈ることだけで、とにかく人間って1人じゃどうにもこうにも・・・もっとみんながお互いを信頼しあって大好きだと伝え合って生きていけたら、と思ってます。理想論すぎるのでしょうか。子供っぽい考え方かもしれないけど みんな仲良くしようよ!ってすごく思います。こういう私の素直さが腹立つって人も多いからなぁぁ~もうどうしよう!でも素直に書いちゃえ。
お互いを生かし合えるような世の中になりますように。長いことかかってもいいからどうか!
いおんさんいつも記事書いてくれてありがとう。
2008/05/29 23:16  | URL | 駱駝祥子 #-[ 編集]
- お久しぶりです -
ずっと前にメインの方でコメントしたことがあるのですが、忙しさもありなかなかコメントいれてませんでした。でも、ちゃんと読んでましたよ!

ウチの主人は義援金とかにすごく懐疑的で、以前から「こんなのホントに必要な人のところに届いてないよ」なんて言っていたので、募金とかも我が家はスルーすることが多かったのですが、私的に最近は、もちろん必要なところに届いていたほうがいいとは思いますが、「誰かのために何かしたい」と思って行動することが 大切なのではないかと思うようになりました。

遠くの知らない人を心配したり、想ったりすることで、ひいては身の回りの人を大切にもするかなぁ、なんてちょっと単純すぎかな(笑)

イオンさんいつもありがとうございます~^^

2008/05/29 23:32  | URL | キルト #-[ 編集]
- 何ができるか -
考えさせられるお題です。
年々心の余裕(広さ)がなくなってゆく自分に、がっかり。
かつての自分は、もっと何事にも一生懸命だった気が致します。

ちゃんと考えねば~。
2008/05/30 00:53  | URL | 閻魔の弟子 #-[ 編集]
- 義援金について -
時間があまりないので、義援金についてだけ書き込ませてください。
一般の方が愛を以て寄付される義援金はキラキラの気持ちの固形物だと思います。実際に被災者の手に渡る可能性の高い、キラキラの気持ちの塊。感情に関しても別け隔てがありません。政治的な利用のされ方など黒いものは大いに見え隠れしますが、、。その点は義援金を出資された人の罪にはならないはずですし。人の気持ちを下手に利用した方の罪。
阪神の時は半壊、全壊、一部損壊(も含まれてたかな?)の家庭に民間からの義援金は割り振られました。(たしか阪神の際は公的な義援金というかたちは一切なく、民間からの義援金だけだったはずです)父親も深い感謝の気持ちで受け取ってた。その時本当に本当に、ありがたかったですよ~金額よりも何よりも気持ちがありがたかったんです☆*・゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜・*
2008/05/30 09:55  | URL | フラワ #-[ 編集]
- ただただ -
私も義援金ってなんだかピンと来なかったし、それを寄付して自己満足にならないか、とか、思い、新潟の地震以来寄付はしてませんでした。日本にだって日々生活に困っている人がいることも実際報道などで知っています。でも、直接的に私の周りにはいません。だったら、わかりやすい、というと失礼ですが、こういうタイミングで、どんな形でも行動しないよりは行動したほうが自分が気持ちいいなと(これが一人よがりかもしれませんが)と思っていたところ、先日こちらのコメント欄で
書かれていた活動先を知り、共感して、たった一日の晩酌分ですが寄付させていだだきました。
寄付することで、さらにそちらに対して心が行くというのは私の場合あるのかもしれません。
2008/05/30 09:59  | URL | どんくん #mQop/nM.[ 編集]
- 何に付いてもですが -
本来何も出来ない私の様な者が言う事ではないのですが、以前より私も、募金への不信感や災害時のボランティアの必要性には疑問に思っています。
確かに全く必要ないと言うわけではないのですが、皆さんの暖かい気持ちがちゃんと届けられているのか、本当に必要としているボランティア活動なのかなどなど。
とは言っても、それの改善方法や変わるものがあるのかと言えば、今は何も思いつくものがなく、それを頼るしかないのが現実なんですよね。

また今の社会に対し、
急性の物は気付き易いが、慢性の物は気付き難い。
望遠鏡を覗いた様に、遠い物はよく見えるが、近い物は見え難い。
今は、そんな時代なのかなぁと思ってしまいます。
そして、足元よりも遠い所を見がちな点は、自らも改善しなくてはと感じました。
2008/05/30 10:41  | URL | ウニクス #-[ 編集]
- お金で気を済ませたくない -
募金は罠だと思う。
そりゃ、私だって何かしたい。
本当に、できるものなら、今すぐにだって飛んで行って、何でも良いから本当に何でも良いからできることをしたい。
切望しているよ。
でもね、それができないからせめてもの気持ちでお金を出すことは、全然意味が違うと思うんだ。
すでに↑の人々や、イオンさんも書いているから多くは書かないけれど。
とにかく、自分の目でキチンと確かめ、その所在と行く先がキチンと信頼できるもので無い限り、募金をするべきではないと思う。
そのお金が、何に使われるかを知ることは、お金を出す人の義務だと思う。
2008/05/30 12:03  | URL | aco #-[ 編集]
- えぇ~っと‥ -
"困った時はお互い様"って言葉の延長線上で、
ボランティアが出来ればいいなぁ~~国対国でも。

都会では、なくなってしまったかもわからないけど、
うちの地域では、隣でお葬式が出来ると、
同じ班(ご近所の回覧板の単位の班です)の女性たちが、
その家の家族や親戚のご飯の支度をします。
これもボランティアかなと。

もし海外の災害でも、
"本当に困っている人たちに届くのなら"、
コーヒーや雑誌やお菓子を買うのを我慢して、
募金したいと思います。
現状は?マークがつくので、してません。^^;

でもね。
福井では、ナホトカ号の重油流出事故の時には、
のべ27万人のボランティアさんが来てくださって、
地元の人も土日総出で作業してたけど、
ボランティアさんがいなかったら、
もっともっと時間がかかったと思いますよ~

東海豪雨の時にも、
市役所の職員や、消防の人は職務だけど、
他にも、職場の同僚、近所の人‥
いろんな人たちが声かけあって、土日に集まって、
土砂崩れでドロドロになったところの復旧してた時、
「人間ていいなぁ~」って思いました。

水害には3回あっているんだけど、
「もう水がどんどん来る~」って時に、
本屋さんの本を、通りがかりの人や、
店員さんたちみんなで、2階に運んだ話とか、
素敵な話もあったし、

東海豪雨の被害にあった人だけ限定で、
粗大ゴミの収集を無料にしたら、
ラッキー♪と思ったのか、
全然関係ない地域から、関係ないゴミを車で運んでくる
最低な人の話もあったな~(;´∇`A``

職場でカンパもしたけど、
車も廃車、あれもこれも全部ダメになった、
ということで、全然たりないはずなので、
義援金は少しでもあった方がありがたいと思うな~
2008/05/30 12:37  | URL | あけび #-[ 編集]
- お邪魔します(o_ _)o)) -
こんにちは

義援金の募金先をご紹介した以上、私も私の考えを書かせて頂きます。

私も昔は募金等には反対派でした。
誰の懐に入っているのか疑わしく、必要なところには行かないのであれば意味がないと思っていました。

でも、上でフラワさんも書かれていましたが、気持ちが届くんじゃないかと思っています。

お金などは届かないかもしれない(本当はダメですけれどね)
でも、そのお金等にこめられた気持ちは、ひょっとしたら悪意を持っている人の心をも動かす力も持っているのではないか?と思うようになりました。

無理にする必要はないと思います。

もちろん、身近にある危機にも手を差し伸べる事は大事だと思います。
私も私に出来る範囲での事でですが、勉強したりボランティア活動に参加したりしています。
それこそ、笑顔で挨拶したりとかもね。

もし、自分が助けを必要とする立場になったとしたら…
やっぱり嬉しいと思います。
私は兵庫県民ですから。

最後に、私がこちらに義援金の振込先を載せた事で不愉快に思われた方がいらっしゃったとしたら、心よりお詫び申し上げます。
2008/05/30 13:20  | URL | ジンジャー #-[ 編集]
- コメントありがとうございます! -
クローバーさん
国家間の政治的取引に、人々の善意が利用されるのは悲しいことですね。(ノ_・。)


さーさんちのみぃさん
うん。うん。
分からないんだけど、どうにかはしたいよね~。


はなさん
難しいですよねぇ。llllll(-_-;)llllll ずーん


Yさん
そうそう、そうなんですよー。( ノД`)シクシク…
せっかくのコメント、公開で入れてみたらどうかなぁ。*^^*


お茶犬さん
一緒に考えてくださって、ありが㌧。


ももさん
(@^▽^@)ゞらじゃ!


めるさん
灯台もと暗し、自戒します。┌|・_・|ゞビシッッ


てんさん
いえいえ、救われてるのは私のほうだったりしますから。(*'-')o(*,",)oぺこり


みゆきさん
一生懸命考えてくださって、ありが㌧。('-'*)キャーキャー


駱駝祥子さん
書いてくれてありが㌧。
色々な意見があって当然ですから、私の記事に腹を立てる人だっていらっしゃると思っています。^^;


キルトさん
遠くの人を心配できる人は、身近な人を大切にできるはずですね。^^
逆に身近な人を心配できない人が、遠くの人を大切にできるはずないもの。


閻魔の弟子さん
余裕がなくなったのではなく、大人になって慎重になったのでしょう。*^^*


フラワさん
お忙しい中の書き込み、ありがとでっす♪
ちゃんと手元に届いたことって、すごく励みになりますから。o(*^▽^*)o


どんくんさん
確かに、心が向くきっかけにはなりますね。
ありがとです。*^^*


ウニクスさん
>それの改善方法や変わるものがあるのかと言えば、今は何も思いつくものがなく、それを頼るしかないのが現実なんですよね。
そうなんですよね。^^;
個人プレーには限界があります。


acoさん
「義務」とまでは言わないけど、自己満足で終わらせないためにも、きちんと把握していく姿勢は大切ですね。*^^*


あけびさん
うんうん、災害時に光る「人の輝き」ってありますね。
逆もあるでしょうけどね。_| ̄|○


ジンジャーさん
その節は情報提供ありがとうございました。<(_ _*)>ぺコリ
私も募金そのものに反対しているんじゃないのです。
お金は必要ですからね。*^^*
私も「不愉快に思う人もいるだろう」と言う覚悟で書いてます。
特に連載になると、余計ね。^^;
それでもサブブログは
「書きたいことを・書きたいときに・書きたいように」。
一段と踏み込んでいくことに挑戦しています。(。+・`ω・´)シャキィーン☆


2008/05/30 13:27  | URL | まいなすいおん #-[ 編集]
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/05/30 15:13  | | #[ 編集]
- 復活! -
いおんさん、皆さん、こんにちは。
復活しました!
て、何がや て話ですが・・・。
言いません・・・ムフフフ。

災害や問題発生時の金銭、物資等の援助は、基本的に自国内でするべき!と思うけど。
国規模でどうも出来ない状態であれば、他国や国連に要請を求めるべき、と思う。
あれだけの大国が本気になれば、自国内で対処可能なはずだけどねぇ。
国を家庭と置き換えてみればどうかな。

いおんさんのブログに参加させて頂いて、私が感じ取ったこと、「まずは「個」が大事」。
「個」が集まって、全体に繋がるけど、原因も結果も、想いも価値観も、「個」の数だけ存在しますね。
何一つとして、同じものて無いはずだ。
て、皆さん何のことか、わかりませんよね(笑)
自分だけわかって、復活!!
2008/05/30 18:19  | URL | 優輝 #RWQ9ZSVY[ 編集]
- 100円あったら・・ -
イオンさんの書きたい記事を書いて当然!!当たり前♪と思っています

でもね、「募金したい・誰かのために役立ててほしい」という善意の気持ちは否定されるものでないと「私」は思います
「100円あったら○ックにいこう!」のCMをみたときに違和感を感じたのと似てるのかな
募金箱に100円入れようとしてる人に「100円あったらマックへいこう!」って
そのお金があったら君おいしいもの食べれるよ^▽^って
なんかイヤラシイナ、、って思ったの
だって、自分以外の人のために使ってほしいと思った気持ちをかる~く吹き飛ばしてるみたいで

人からみたら自己満足にみえても、
自分以外の誰かのために使ってほしいと「想った100円」ってあたたかいと思います

願わくば、募金が正当な手段で必要と思ってる人に届けられますように☆

気分を害した。。とかそういうのではないし、書き込むの迷ったけど(基本的に、書き主に意義を唱える?を書くものでないと思ってるの)意義を唱えるにもあたらないから、まぁ、いいかしら^▽^♪
2008/05/31 01:31  | URL | umiumi #J/eWLgoY[ 編集]
- さまざまな考え -
本当に今回の災害については、いろいろと考えます。
イオンさんの言われていることは、そういえば、マザーテレサもいわれていたと思います。
援助したり、ボランティア活動をすることは助けられる人もたくさんいるし、助かっていることも多くあると思います。
でも、本当に援助したり、ボランティアしないといけない人は、実は家族の中にいたりしますよね。
その人たちを全部癒してからら、そういう活動をすることのほうが、大切なのではと思います。
私なんかも、ついつい周りに気が向いてしまいがちですが、じっくり家の中をみると、家族を癒すことが全然できてないことに気づきます。
自分の家族もそうですが、親戚までひろげると、多分、一生かかってもできるかと思うようなボランティア活動が待っているように思います。

昔、私がボランティアについて話をしたら、ある人にすごい勢いで反論されたことがあって、そのときはなんてわからずやなんだろう!って思いましたが、今は、わかります。
私の場合は、ボランティア、援助というのは、実は家族にこそ大切なんでしょうね。

私の場合は、この世に生まれてきた目的が家族を守り、育んでいくことなんではないかな?とやっと最近思うようになりました。
それまでは、傲慢にも、もっとちがう!世の人のためになることをしなければ!って思っていましたし。
2008/05/31 23:58  | URL | ranmama #7U3XH/O2[ 編集]
-  -
いつもワクワクしながら拝見させていただいております。

私もイオンさんと同じ様に感じております。
日本中に国の制度で苦しんでいる方々が多く溢れてきているのに
アホな総Oは何十億と言う支援・・・・自国民も救えてないのに

確かに災害にあった国の方々に愛や思いやりは出来る範囲で行うべきだとは想いますが・・・

仕事柄中国には行ったりお世話になっておりますが
無理な援助支援は、きっと歪みがでるのではないかと

中国は大変貧困の差が激しい国です。
私が行く所は、行員の方のお給料が月、日本円で15,000円ていどです。

ニーハオトイレと言う言葉があるくらい水道設備が悪く
空港のトイレなど、使用したテッシュを流していけなく
バケツが脇にありそこに捨てる・・・

災害に遭われたお子様やご家族のお気持ちを想うと
確かに支援物資や援助は必要不可欠ではありますが
そこに届くまでは1000分の1程度になるのではと感じます。

日本・中国・チベット全てが幸せである
当たり前の国や国民でありたい。
2008/06/02 13:23  | URL | あすり #-[ 編集]
- コメントありがとうございます! -
Oさん
記事もコメント欄も「書きたいことを、書きたいときに、書きたいように♪」がモットーですので、Oさんのお好きなようで。*^^*


優輝さん
復活おめで㌧♪
私もそろそろ週末疲れから復帰しなくっちゃ。(。+・`ω・´)シャキィーン☆


umiumiさん
うんうん、本当に善意がスムーズに循環できる社会にしたいよねぇ~。*^^*
コメントは自由にねぇ。ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!


ranmamaさん
家族を大事にすることは、ひいては社会を、世の中を大事にすることにつながっていくと思います。*^^*


あすりさん
そうなんですよね。(ノ_・。)
「ボランティア」「募金」の響きだけが一人歩きして、現実を見落としてはいけないですね。
情報ありがとです。
2008/06/02 13:28  | URL | まいなすいおん #-[ 編集]
- No.1 -
イオンさん、有難うございます○┓ペコ
書き込みこちらで良いですか?
あっち行ったり、こっち行ったりでごめんなさい(^_^;)


えっと、いざ相談となると正直どう書いて良いのか悩みます。
頭に思いついたまま下手な文章になるかと思いますが書いてみます。
長くなるので2つにわけます。



私はPCOSと言って、排卵されずに残ってしまった小さな卵達が何個も子宮に残ってしまう病気で自然にはなかなか排卵しません。子供が欲しいので卵が排卵するまで毎日婦人科に通い注射をする日々を過ごしていました。

いましたと言うのは、実は今年に入ってから通院をお休みしています。
ので生理はもちろん排卵もありません。


子供は天からの授かりものと言いますが、本当にその通りだと思います。
もうすぐ6歳になる息子がいますが、息子の時は全く期待していなかったんです。自分には子供は出来ないと諦めていたので、授かった時は本当に驚きました。嬉しかった!
当時私は胎児に良くない薬を毎日飲んでいたので迷いもありましたが、私を選んで来てくれたのだから障害を持って産まれてきても育てたいと言う気持ちでお産しました(身内からは障害があるなら降ろして!とのキツい言葉もありましたが…)

産まれて来た息子はとても元気な赤ちゃんでこれまた驚きました。

諦めていた私にも赤ちゃんを抱ける日が来たんです。
この事によって欲が出てしまったんですよね。最初から諦めていれば期待もしませんが、息子が授かったのだからもう1人来てくれるかもしれない……と。
毎日毎日考えてしまいます。
【諦めずに頑張ろう】と言う気持ちと、【やっぱり諦めよう】って気持ちが毎日頭の中で駆巡り正直辛いです。
病院に行けば一応は排卵するので何もしないよりは希望が持てます。だからこそ期待してしまう…。行かなければ希望は持てない。でも欲しい。

とにかくそんな毎日で精神的にも金銭的にも余裕がなくなり只今治療お休みしています。

今回班長さんのお話しを読んでリンクしてしまう自分がいました。
過去にしてきた酷い事。これと私の不妊に関係があるのか……。

イオンさんのお返事では違うとありましたが、他に理由があるのならば知りたい。
と言うか知らなきゃいけない気がしてならいんです。
懺悔したい…

続く~
2008/06/03 11:56  | URL | カブキ #-[ 編集]
- No.2 続き -
不妊で悩んでる人は沢山います。1人でも子を授かる事が出来た私は幸せだと思います。それでも心にポッカリ穴のあいてる自分がいます。欲深い人間です…(;_;)


イオンさんお忙しい中ごめんなさい。
ずっと前からイオンさんに聞いてもらいたいと思っていましたが、機会も勇気もなく今までブログだけは拝啓して来ました。
班長さんのお話しは私にきっかけを与えてくれました。

長くなってしまい申し訳ありませんがお時間がある時にお返事いただけたら幸いです。
宜しくお願い致します<(_ _)>


長々とブログとは関係のないお話しを書いてしまいすみませんでした。
2008/06/03 11:59  | URL | カブキ #-[ 編集]
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/06/03 16:11  | | #[ 編集]
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/06/03 22:12  | | #[ 編集]
- コメントありがごとうございます! -
カブキさん
長文、ご苦労様です。<(_ _*)>ぺコリ
メモしておきます~。


Oさん
実験、了解です。(-_☆)キラーッ


りNさん
伝わってます伝わってますぅ~。
こちらこそ、かえって気を使わせてしまったみたいで。m(_ _;)m ごめんちゃい。
2008/06/04 13:26  | URL | まいなすいおん #-[ 編集]
-  -
>「助けてくれ」の声を出せない人ほど深刻だと思います。

本当そうですね。
以前障害児のボランティアをしていた時、そういう場に出てこられて自分の意見や話を出来るお母さんはきっと良いんだろうなと感じていました。
こういう場にも出て来られないお母さんのほうがもっと深刻な状態にあるのではと思いました。
でもそういうお母さんに自分は何もできませんでしたが。

転勤して寝たきりの方の生活援助のボランティアをしてきましたが、自分の体力が落ちてきて今は開発途上国の子供の金銭的援助(微々たるものですが)をしています。

援助の形はその時々で自分が出来る事を出来ればとおもっています。
2008/06/04 13:46  | URL | むーみん #-[ 編集]
- むーみんさん -
障害児のボランティアに参加されたことがおありなんですね。*^^*
現場の感覚って大事ですよね。
うんうん、臨機応変で良いと思います。o(*^ー ^*)oにこっ♪
2008/06/05 00:43  | URL | まいなすいおん #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mainasuionx.blog120.fc2.com/tb.php/125-7cc2691d

| メイン |
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。