スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
何ができるだろう・・・1
2008/05/23(Fri)
ミャンマーのサイクロン被害
ミャンマーを直撃したサイクロン「ナルギス」の被害について、国連人道問題調整事務所は11日、「行方不明者は22万人に上る」との推計を発表した。
死者数は6万3000?10万人、救援が必要な被災者は122万?192万人と推計している。
70年に最大55万人が死亡したとされるバングラデシュでの被害に次いで、20世紀以降では過去最悪級のサイクロン被害となる可能性も出てきた。
(毎日新聞 2008年5月11日 22時56分)
□・*・■・*・□・*・■

中国:四川省の大地震
中国・四川大地震で、四川省の李成雲副省長は23日、北京で記者会見し、被災地の再建には3年かかるとの見通しを示した。地震による四川省内の死者は22日午後7時(日本時間同8時)時点で5万5239人、行方不明者が2万4949人、負傷者は28万1066人になったと発表した。
(毎日新聞 2008年5月22日 12時08分)
□・*・■・*・□・*・■


大きな人的被害の災害が続いています。
どちらにも共通なのが、政治的な意図から、各国からの救助の受入が遅れたこと。

国の思惑によって、助けられるはずの命が失われる・・・。
「国民」を守るための「国」じゃないの?
・・・そんな持っていきばの無い虚脱感に襲われます。

>被災者は、なぜこんなひどい目に会わなければいけないの?
>これも修業なの?
>こんな修業を受けなければいけない人と、そうでない人を、どこで分けるの?
>私に何ができるの?

実は非公開で、このような鍵コメントをけっこういただいておりました。
_| ̄|○ どれも難しいご質問ですこと・・・。

このどれもが、私(イオン)が「決めること」ではありません。
でも、私なりに感じていることはあります。
次回から、さまざまな思いを展開しながら、少しずつ書いていきたいと思います。


 ← 背中を押してください

                      メインブログ「イオンの不思議生活」


無料blog




この記事のURL | 内緒話 | CM(23) | TB(0) | ▲ top
<<一緒に「考えて」くださってありがとう | メイン | 長期の展望>>
コメント
-  -
v-218ハイ、背中をワンプッシュさせていただきました。
ミャンマーも四川も受け入れが遅くて、どれだけ援助が進んでいるのかよく分からないですが、実際はお役に立つよう頑張っておられるでしょうが、ニュースを見ているだけでも歯がゆいのです。
2008/05/24 00:24  | URL | macaron #-[ 編集]
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/05/24 00:35  | | #[ 編集]
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/05/24 06:32  | | #[ 編集]
- ニュース -
四川大地震などのニュースを見ていると、
涙が溢れてきて仕方ありません。。。
悲しくなって見ていられなくなります。

運命とはどこでどうなるかわかりません。
悔いの残らないように日々生きていきたいと思います。
2008/05/24 08:11  | URL | もも #LWshcgts[ 編集]
- 出来ること -
私は阪神大震災で被災した一人です。

そのことを表現しょうとすると原稿何十枚では終わらないですぅ。

被災者、被災地が立ち直るのにどれだけの人々の気持ち(身体)が動いていたか…
感謝の気持ちで一杯です。。。

私が今していること。現地に入ることは出来ないので…わずかですが義援金を送らせて頂き、毎日祈っています。

祈りは、イメージと意識です。
仕事中(あちゃ^^;)や電車に乗ってる時や何気ない時など…
一人でも多くの人々が救出されている、水など救援物資が行き渡っていく、
トイレ、仮設テント住居設置の展開始まり。
政治的に救援を受け入れる展開になるように。

義援金、救援物資が全て行き渡っている。

被災者、被災地が癒やされていく様子など…

全て書ききれませんけれども、現地や地球さんに届いたらと思います。

2008/05/24 09:18  | URL | まうえのぴー@ #-[ 編集]
-  -
鍵つきコメントででたようなこと考えますね(ーー;)

行くことのできる距離ならば、手助けしたい!

でも無理だから・・・で、せめて義援金と思うのですが、これってちゃんと被災者に届くの?被災者のために使われるの?って思うと手が止まってしまいます・・・(それでも望みを託してわずかばかりの協力)

祈ること・・・が実際の役立ちになるかは分かりませんが、情報を見聞きするたびに祈らずにはいられません。

余談ですが、現地の被災者(地震の方)が「死者5万人?そんなの嘘だ!20万人はいる!!」といっていたのが印象的でした・・・
2008/05/24 10:15  | URL | キュアX #-[ 編集]
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/05/24 12:01  | | #[ 編集]
- 軍事政権。 -
ミャンマーの救援部隊受け入れ拒否の時は驚きました。
「海外からの救援部隊を現地に入れることで、自国民の不満が煽られることを恐れている」
そんなコメントをニュースで見かけました。
国って、何を大切にするべきなのか、よくわかりません。

「いてもたってもいられなくなって」私も阪神の震災にはボランティアに参加しました。
ただ高校生の身でしたから、現地に来れたのは一年半後の夏休みのときでしたが(--;
「殺風景な街中に絵を描く」って活動でした。
今回の二つの大災害は、私個人としてはなかなかできることが限られてしまいます。

なんとか、できることはしたいものです。
2008/05/24 12:46  | URL | くまこ #-[ 編集]
- 厳しい問題ですね -
とても厳しく突きつけらる問題だと思います。

「なぜ」とゆうのは一人一人の理由があると思うんですね。
みんな誰でも色々な課題を持って生まれてくるので、一概に「コレ」とゆうのはないと思うんです。

でも同じ地球の仲間として、悲惨な状況には涙が出ますし、やりきれない思いも抱きます‥

私は今回、義援金を送りませんでした。
国民の命を第一に考えられない政府が国民の為に使うとは考えられないからでした。
できる事なら‥現地ボランティアにダイレクトに届く窓口に救援物資をできるかぎり送りたいです。


いずれ日本にもまた大きな災害が訪れる、その時、私は人を押し退けて生きる事よりも、誰かの為に必死になる事を選ぶ人間になっていたいなと思います。
2008/05/24 15:32  | URL | 苺 #3/2tU3w2[ 編集]
- 義援金のこと -
イオンさん、みなさんこんにちは。

はじめて書き込みをさせて頂きます。

田口ランディさんのブログの5月2日のエントリー『お金の使い方』内に、ミャンマーの被災者の方の為に義援金が届く直接ルートがあると記してありました。

以下、抜粋します。

ちなみにビルマでは軍事政権が支援金を被災者に渡さない可能性があるそうで、そんななかで「日本ビルマ救援センター」は、募金を軍事政権の手に渡さず、直接にビルマの寺院に人力で運ぶルートを作ったそうなのでご紹介しておく。

日本ビルマ救援センター事務局
郵便536-0025 大阪市城東区森之宮2-2-8-609
brcj@syd.odn.ne.jp

支援金振込先
郵便振替
00930-0-146926
BRC-J
通信欄に「サイクロン被災者支援」とお書きください

りそな銀行 金剛支店
(普通)6553928
日本ビルマ救援センター


以上、抜粋 終わります


突然に、失礼いたしました(o_ _)o))

2008/05/24 16:01  | URL | ジンジャー #vl7DLSYc[ 編集]
- この時期に生まれてきた -
恵まれた日本という環境で生活している私には、
正直最近の大災害がピンとこなくなってしまっています。情けないです。
ただこの日本でさえ、これから未曾有の大災害に遭遇するかも知れません。
それは誰にもわかりませんが、最後まで最善を尽くさなければいけないのですね。
(えらい時期に生をうけましたが、まあ一人ではないですけど~。)
2008/05/24 21:07  | URL | 閻魔の弟子 #xkHNpHPI[ 編集]
- ミャンマー情報・是非読んでください! -
イオンさん忙しい中、いつもいつも貴重な情報ありがとうございます。
"夢の扉"という番組で取り上げたミャンマーで無償で医療活動をしている吉岡秀人先生のジャパンハートという組織のHP、ブログがあります。(2007.7.29放送)

リアルで今現在のミャンマーでの活動と情報が更新されています。地道にとても熱心にそしてつましく活動をされている先生のようにお見受けしました。
この先生ならお金をミャンマーの人のために使ってくれるのではと…。
この組織に募金すればお金がどのように使われるか是非、皆さんそれぞれが読んで判断した上で募金していただければと思います。

国際医療奉仕団 ジャパンハート
ttp://www.japan-heart.com/index.htm

吉岡氏のブログ
ttp://japanheart.exblog.jp/

スタッフさんのブログ
ttp://blog.livedoor.jp/tobenaivuta/
2008/05/24 23:27  | URL | みるら #-[ 編集]
- 感じた事 -
災害や事故が起きる度に人の運命や寿命について考えます。
それと、自分が日本とゆう国に、この時代に生まれて来た事についてもです。
何かをしてあげたい気持ちは尊いと感じます。

しかし、我々のこの国は本当に豊かなのでしょうか。
日本のODA資金は税金なのでは?
義援金は良い事だとは思いますが、各マスコミが呼びかけている事に疑問があります。それぞれどこに行くのだろうと。

今回の事で世界が広く、自然は無情なまでに厳しく、国家は非情であると、学ばせて頂いた気がします。

今、この瞬間を無事に生きてるって凄いなと素直に感じました。感謝


2008/05/25 01:29  | URL | 台風の耳 #-[ 編集]
- 義援金  -
赤十字のマークの入ったダンボールがミャンマーの
市場に並んでいるのを見て、一人でも多くの現地の人に
届く道は無いものか・・・と悔しく思っていました。
ジンジャーさん、みるらさん、ありがとうv-238
あとで、覗いてみます。
2008/05/25 09:19  | URL | 夢バク #-[ 編集]
- 何が出来るのか・・・ -
イオンさん、皆さん、こんにちは。
う~ん、と考えさせられます。
事実、義援金募金する人、物資寄付する人、ボラで現地入りする人、祈る人、見守る人・・・・。

これ言ったら怒られると思うけど・・・。
人的災害の被害者になられた本当に可愛そうな方々。
でも、魂の修行の一つ(ここ確信じゃないけど)として、自分で選択されたんじゃないかな、て考えたりします。
この時期の、この世に生を受ける際に、修行を選択して。
確信のある裏づけは持って(体験して)ないのですが、「全てに意味がある」て思いだして。

でも、世界規模で、素直にフォローし合える世の中を作らないといけないですよね。
皆、思っていることは同じと思うのだけど、難しい問題だよなぁー。
塵も積もれば・・・かなぁ。
2008/05/25 16:42  | URL | 優輝 #RWQ9ZSVY[ 編集]
- すみません -
報道で災害を見ると「辛いだろうな」って思います。
でも、俺のこの思いってなぜか表面的な感じなんです。
腑に落ちないと言うかなんと言うか・・・。

理解はできるけど感情が伴わない感じかなぁ。

言い訳がましいんですが
そこまで手を広げるキャパを持たされていないのかなと時々思います。
手の届く範囲からやらなきゃいけないのかなぁなんて。

でも、全ては必然で全てが標だったとして
それに甘えた解釈を被せてはいけないと思うんです。
人は往々にして利己的になりやすいですから。

その利己的なところもまた与えられたキャパなのかなーと思う今日この頃です。
2008/05/25 21:15  | URL | あかげ #-[ 編集]
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/05/26 09:33  | | #[ 編集]
-  -
世の中思いがけない悲痛な出来事は山のようにあります。
それは自然災害のみではなく、事件、事故、病、人の裏切り。。。
私は小学生の頃妹を病気で亡くしました。中学生の頃、激震地にて阪神大震災に被災しました。
双方、あたりまえだと思っていた世界が一瞬で消え去った真っ黒な瞬間でした。
どちらも数ヶ月間は前方に光なんて見えなかった。
いや、どちらかといえば幼い私には妹が亡くなったときはこの世の闇でした。
一瞬で人って死んでしまうんだと。
これは私よりも両親の方が傷が深かったと思います。
「あんたなんかに子供を亡くした親の気持ちがわかるかあ!」
ぎりぎりの精神状態の母が私に言い放った言葉です。
家族を亡くした気持ちはわかるんやけど・・・。幼い心にはこの言葉がぐさりときました。
両親はその後、私が東京にでてくる少し前までの約20年間を深い闇のなかで自虐の念と共に暮らしていました。
私はそんな彼らにイライラと怒りをぶつけるしか甘えようがなかった。
甘える隙なんてなかった。だって彼らのほうが私よりも傷付いていたから。
彼らを癒すキャパシティーも幼い私は持ち合わせていなかった。

事故だろうと、災害だろうと、大切なものは何よりも人間です。
運命でも後ろの人よりも(もちろん助けてくれるんですが)、
近くにいる人が実際に手助けをくれます。
近くにいる人を何よりも大切にしてください。

そして、被災地へのボランティアについて。
災害の規模が大きいほど被災地には悲痛と憎悪が渦巻いています。
混沌とした空気に包まれています。
もし、仮にその地に被災者以外の人が入り込むならば、
その状況を目の当たりにしたいならば、 
被災者よりも苦痛を味わう心を携えて入り込んでください。
それだけの勇気と決心をもって入り込んでください。
天使の心なんて捨てたほうがいい。
被災者は自分たちが家族も家も失った姿を誰にも見られたくないんです。
今まで普通に生活してきたのに一気に憐れみを乞う対象として見られたいはずがないんです。
プライドだってあります。
私はボランティアの人が罵倒される瞬間、殴られる瞬間を目の当たりにしました。
強姦なんて日常茶飯事だったはずです。
そういった空気に満ち満ちていた。
それだけの勇気があるなら、それでも混沌とした場所を見たいなら、
入り込めばいい。そしてその燦燦たる状況を話せばいい。
覚悟を決めてから被災地には入り込んでください。

被災した人たちは彼らの運命を自らで選んだから、前世で重い過去を背負ったから。
そう言い放たれる材料として、半ばカースト制のように、意識の差別化を生み出す材料として、
昨今スポットの当てられているスピリチュアルな世界が使用されることは甚だ残念な傾向と思わざるを得ません。

中途半端な知識や決め付けほど恐ろしいものはありません。
日々勉強です。命ある誰しもが前に進めるんです。

2008/05/26 11:06  | URL | フラワ #vwk1Nieg[ 編集]
- 追記 -
最後の部分で言葉足らずな部分がありました。
もちろん当時助けてくださった自衛隊の皆様、
瓦礫を我が事のように掘り起こしてくださったボランティアの方々、
心から尊敬と感謝の念を持っております。
2008/05/26 11:38  | URL | フラワ #-[ 編集]
- なぜだろう -
ジンジャーさん、みらるさん、情報ありがとうございます!

PCの調子が悪いのか、何度もシャットダウンやフリーズで見たり書いたりできませんでした(T_T)


フラウさんのコメントに衝撃を受けました。
私は震災当時大阪にいて、兵庫で被災した友人知人もいますが、そのような話しは聞いた事がなかったからです。

想像を超える状況に言葉が詰まります‥。

でも、それでも、私が被災の地に行く時がくれば「助けをしたい」思いで行くと思います。
2008/05/26 13:01  | URL | 苺 #3/2tU3w2[ 編集]
- できること -
フラワさん正直な勇気あるコメント
心に突き刺さりました。悲しいとか、それだけじゃなく
生きていることって本当に大事なんだって
改めて思いました。ありがとうございますm(_ _)m

私は、義援金とかも募金したりはするけれど、
それがどれだけの効果があるのかはわからない。

私にできるのは、ただ生きている今を大事にすること、
自分の周りを思いやること。

1人1人の思いは小さくても、その気持ちが広がって
大きくなっていけばいいな・・・って思います。
2008/05/26 13:12  | URL | plus_alpha #-[ 編集]
- おはようございます -
4時の空の色と鳥の声と澄んだ空気は美しいです。こんな時間に目が覚めました。
先の荒々しいコメントを読まれて、気分を悪くされた方もいらっしゃったかと思います。いつも穏やかなイオンさんのコメント欄に波を立てすみませんでした。

なるべく強烈には書きたくはなかったのですが、、現実は報道されているよりも悲惨です。
特に私の被災した地域は神戸の中でも被害の激しい地域でして、、。
近所の大多数の方は安全な場所に地震直後に避難されたはずです。だからディープな部分を知る人は数少ないでしょう。
それでも父親はその場から逃げませんでした。「まだ角のおばちゃんが埋まってるゆうのに、皆一目散に逃げやがって!わし等が逃げたら、この地域や崩れた家を長田から迫ってくる火から誰が守るんや!」って。近所の方々と自警団を作り、放火魔や泥棒や火事から町を家を見守っていました。瓦礫の処理や救助活動は自衛隊の方々が行なってくれました。素人が下手に手を出すと二次被害を被るからです。そこに埋まる人が確実に沢山沢山沢山いるのに、私たちは手前に落ちる瓦くらいしか除けることができない。自分の無力さを感じて感じて、ただただ見守ることしかできなかった。
角のおばちゃんは2週間後骸となって発見されました。
そのとき受験生だった私は、親戚の家にでもみんなして行けたらなぁと心の片隅に思いながら、蝋燭の火で勉強してました。でも、その場所には私にしかできないことが確実にありました。とにかくその様子をじっと見守り、ときに笑顔を見せ、家族を近所の人を安心させる役目があったんです。

plus_alphaさん
コメントをplus_alphaさんなりに咀嚼し、受け取ってくださり、ありがとうございました。コメントを拝見して、書き込んでもよかったのかなぁと、救われました。いつもありがとう。
苺さん
その優しい心で周囲の人を助けてあげてください。その心が沢山の人を勇気付けるはずです。でも、無茶だけはしないでください。苺さんを大切に思う人たちがいるはずですから。
2008/05/27 05:30  | URL | フラワ #-[ 編集]
- コメントありがとうございます! -
macaronさん
ワンプッシュありが㌧♪


Jさん
ん?
生きてない人が写っていたってことかな?
新聞報道等でもけっこう写っていましたよねぇ。^^;


Yさん
人間には欠点もあるけど、長所もたくさんありますよねぇ。ヾ(@^▽^@)ノ


ももさん
見たくないけど、現実なんですよねぇ。。。(汗)


まうえのぴーさん
そうですよね、表現しつくせないことでしょう。
少しでも祈りが届きますように。


キュアXさん
真実の報道すら、危ぶまれているのですものね・・。(汗)


ARさん
へぇぇ、今度検索してみますね。
楽しみ。*^^*


くまこさん
そうですか、高校生で。
体をぶつけて「体験」したことは、ずっと残っていきますよね。*^^*


苺さん
お気持ち、とてもよく理解できます。(*'-')o(*,",)oぺこり


ジンジャーさん
情報ありがとうございます。^^


閻魔の弟子さん
この時期に生まれてきて、良かったです。*^^*


みるらさん
情報ありがとうございます。^^


台風の耳さん
>今回の事で世界が広く、自然は無情なまでに厳しく、国家は非情であると、学ばせて頂いた気がします。
>今、この瞬間を無事に生きてるって凄いなと素直に感じました。
うんうん、すごくうなづかせていただきました。(*'-')o(*,",)oぺこり


夢バクさん
ため息のでるニュースでしたよね。(汗)


優輝さん
考えてくださってありが㌧。
世界規模で助け合えるつながり、作っていきたいですよね。*^^*


あかげさん
正直なコメントをありが㌧。
手の届く範囲から、私も頑張ります。(。・_・。)ノ


Kさん
私が逆に勉強させてもらっているのだと思っています。
m(_”_)m 感謝。


フラワさん
当事者しか分からない実情、書いてくださってありがとう。
どうしても「見たくない、触れたくない」と思ってしまいがちな災害がもたらす闇の部分、しっかり見つめていかねばなりませんね。
>中途半端な知識や決め付けほど恐ろしいものはありません。
>日々勉強です。命ある誰しもが前に進めるんです。
m(_”_)m 胸に刻みつつ、学んでいきたいと思います。


苺さん
被災地でも、人が人として輝く瞬間と言うのはありますね。


plus_alphaさん
>私にできるのは、ただ生きている今を大事にすること、
>自分の周りを思いやること。
すごく大事なことだと思います。<(_ _*)>ぺコリ


フラワさん
衝撃を受けた人は多いと思いますが、気分を害した人は少ないんじゃないかな。
私としては「書いて下さってありがとう」と言う気持ちです。*^^*
今後も書きたいことを、書きたいように、書きたいときに書いてくださいね。


2008/05/27 13:06  | URL | まいなすいおん #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mainasuionx.blog120.fc2.com/tb.php/122-f351d214

| メイン |
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。